読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミタメガ健康研究所

”健・美・豊”を追求し、実践している健美法スペシャリストである管理人自らの体験をもとに、ダイエット、アンチエイジングなどに関する正しい健康情報をお伝えしていきます。

アンチエイジングな生活習慣への道(サプリメントアドバイザー資格を取る1)

「10週間であなたは若返る 」という本との出会いが、私がアンチエイジングな生活習慣を始めるきっかけとなったわけですが、実はこの本は専門的すぎて、当時の私には理解できないことがたくさん書いてありました。

各種ホルモンやアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの各種栄養素について、いろいろ書かれていましたが、当時の私の知識では、何度読み返してもあまり理解できませんでした。

HGHレベルアップにはHGH前駆物質であるアミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に摂取すればいいことは理解できたのですが、それらの栄養素が普段の食事でどれだけ摂取できているのかが、まずわかりません。不足分はサプリメントで補う必要がありますが、摂取しすぎると過剰症で体調を崩すものもあります。どんな種類のサプリをどれだけ摂取すればいいのか?調べてもよくわからないのです。しかも、知り合いの医師や薬剤師に聞いてみたら、「サプリメントなんて意味がない!お金の無駄だからやめたほうがいい」と言います。

ちょうどこの少し前の時期から、健康食品がカプセルや錠剤という形状で販売できるようになり、サプリメントとかサプリという言葉が流行していました。しかも、このサプリメントはあくまでも食品なのですが、これを薬と間違える人もたくさんいて、サプリメント市場は結構混乱していたのです。

そこで当時の厚労省が「健康食品に含まれる成分機能や活用方法について、消費者に適切に情報を提供し、消費者が気軽に相談できる助言者(アドバイザリースタッフ)」いわゆるサプリメントアドバイザー資格制度の推進をはじめたのです。


「そうだ!この資格を取ればいいんだ!」と思い立ち、早速調べてみたところ、アドバイザリースタッフ制度に準拠して、厚労省に登録されたサプリメントアドバイザー資格は、当時は以下の4つでした。(現在は20種類以上)


・栄養情報担当者(NR):(独)国立健康栄養研究所
サプリメントアドバイザー:日本臨床栄養協会
・健康食品管理士:健康食品管理士協会
食品保健指導士:(社)日本健康・栄養食品協会

この中で、私は、一番難関と言われている「栄養情報担当者(NR)」を取ることにしました。アドバイザリースタッフ制度に準拠する資格は、あくまでも民間資格ですが、
国の機関である(独)国立健康栄養研究所の資格なら、「実質的に国家資格に近いのではないか」と思ったからです。

ところが、この資格は誰でも受験できるものではなかったのです。受験するには、国立健康・栄養研究所の指定した養成講座を修了する必要があります。

しかし、この養成講座を受講できるのは、
「管理栄養士、薬剤師、保健士、看護師、医師、歯科医師などの有資格者」
「大学、高等専門学校などにおいて栄養学、薬学、保険学、医学などの課程を修めて卒業した者」
という前提資格が必要だったのです。

私の専攻は、情報科学というIT系だったので、受講資格すらありません。ただ救いの道が残されていて、このような受講資格のない人は、所定の講座を修了して資格確認試験に合格すれば、その後5年間に限り受講資格が与えられました。

そこで、まずこの資格確認試験に合格することを目標としました。資格確認試験の範囲は「基礎栄養学」「応用栄養学」「人体の機能と構造・疾病の成り立ち」の3つです。
しかし、またこのテキストが分厚くて詳細で、正直なところはじめはチンプンカンプンでした。

管理栄養士試験の参考書や問題集も利用しながら、テキストを何度も繰り返して勉強していくことで、だんだん理解できるようになり、勉強がとても面白くなっていきました。今にして思えば、この時期はホント大学受験の頃よりも、真面目に勉強したような気がします(笑)

そして、この時に学んだ内容が後々にとても役立っています。例えば食事を食べた時、食べたものがどのようなメカニズムで体内に消化・吸収されるのかを知ったおかげで、
怪しいインチキな健康食品かどうか判断できるようになりました。

具体的には、タンパク質は複数のアミノ酸が結合した分子量の大きな物質です。そのままでは人体内には吸収されず、消化器においてアミノ酸(またはペプチド)までに分解されてから小腸から吸収されます。もし、何かの間違えでタンパク質の状態のまま体内に吸収されてしまうと、人体は異物(敵)が侵入したと判断し、攻撃を仕掛けるのです(抗原抗体反応)

まだ消化機能と免疫機能が未発達な赤ちゃんに離乳食を与えると、タンパク質のまま吸収されてしまう場合があり、そうなると、そのタンパク質に対するアレルギー反応が起こる恐れがあります。最近、たまごや小麦アレルギーがある子供が多いのはこの影響もあるでしょう。

ダイエットや美容に効果があるという宣伝で人気の酵素ドリンクですが、酵素の主成分はタンパク質です。つまり、酵素内のタンパク質はアミノ酸まで分解されてからしか吸収されないわけですね。ということは、酵素ドリンクを摂ることによって、体内酵素が増えたり節約できたりするわけがないのです。

サプリメント先進国のアメリカでも、酵素サプリメントは売っていますが、これは美容目的ではなく、消化を助ける胃薬として利用されています。なぜなら、アメリカでは胃薬は医師の処方箋がないと購入できず、しかも高額なので、その代わりとして消化酵素を含む酵素サプリメントを胃薬として使っているのです。

タンパク質に限らず、炭水化物(糖質)、脂質、ビタミン、ミネラルもそれぞれ固有の消化、吸収、代謝の仕組みがあります。なんでも一緒くたに体内に取り入れられるわけではないのです。

こうして各種栄養素の「消化、吸収機能」「体内動態」「作用機序」をしっかりと学んだ結果、テレビやメディアの広告に惑わされず、怪しいもの、いい加減ものを判別できるようになったのです。


次回へ続く・・・

健康で安全な「アンチエイジング&ダイエット」を始めたわけ

アンチエイジング&ダイエットは長期間続ければ続けるほど若々しく健康になれる、そして安全で無理のない理想的なダイエット法です。この方法は、体重減少を目標とするのではなく、若返りを目指す生活習慣を続けることで、余分な体脂肪が燃焼して若い頃の体型を取戻し、結果的に体重が減少するというものです。

私の場合は、この若返りを目指した、ある意味ストイックとも言える生活習慣を何年も続けました。芸能人でもなく、普通の中年サラリーマンだった私が、なぜ若返りを目指してアンチアイジングな生活習慣を何年も続けられたのか、まずはその理由から書いてみたいと思います。


【私がアンチエイジングを始めた理由】

私は、しわや白髪、老眼などの老化現象を40代前半に自覚し始めました。単なる加齢に伴う現象だと思っていたので、老化防止対策などは一切行わずに放置していました。すると40代半ばには、今度はED(当時はインポテンツと言っていました)になってしまったのです!

男性にとってEDはショックな事態です。「男性機能が衰えてしまう」=「男で無くなる」ような気分に襲われました。そして、あらためて自分の身体をしみじみ観察してみると、ひげやすね毛などの体毛がかなり薄くなっていることにも気づいたのです。

おそらく加齢やストレスなどの影響で、男性ホルモンが減ってしまったのでしょう。「このままではヤバい!何とかしなければ」と思いました。ちょうど当時の私はバツイチの婚活中で、後に妻となる女性と知り合い、親しくなり始めた頃だったのです。

そういう訳で、何としてもED症状を改善する方法がないものかと模索を始めました。
例えば、滋養強壮にいいとされる栄養ドリンクやサプリメント(にんにく卵黄等々)を試してみたりしましたが、残念ながらEDが改善する兆候は全くありませんでした。


【ある本との出会いが私を救った】

そんな時、近所の古本屋で見つけた一冊の本が、私の生活習慣を見直し、EDを解消するきっかけとなったのです。本のタイトルは「10週間であなたは若返る 」。米国抗老化アカデミー会長、ロナルド.Mクラッツ博士により書かれた本です。

この本には、HGH(ヒト成長ホルモン)活性化療法による若返り効果が書かれていました。

HGHは、”若さのマスター・ホルモン”と呼ばれ、老化に深く関わっているホルモンです。このHGHを増強できれば、男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストロゲン)、セロトニンといった若返りに有効なホルモンもレベルアップし、以下のような著しい「若返り効果」を発揮するというのです。

・6ヶ月で、運動なしで筋肉量が平均8.8%増加
・6ヶ月で、ダイエットなしで体脂肪率14.4%減少
・エネルギーレベルの向上
・性的能力の改善
・加齢と共に萎縮する心臓、肝臓、脾臓、腎臓その他の臓器が再成長
・心拍出量の増加
・免疫機能の向上
・運動能力の上昇
・腎臓機能の改善
・血圧の低下
コレステロール値改善:HDL値の上昇とLDL値の低下
・骨の強化
・傷口の早期治癒
・肌が若返り、きめが細やかになる
・髪の再生
・しわがなくなる
・コラーゲン合成、修復力の向上
セルライトの除去
・視力、聴力の回復
・気分の高揚
・疲労感や老化に伴う躁鬱感の除去
・記憶力の改善
・睡眠の質の改善

HGH活性化療法として即効性があるのは、HGHを人体に注射するHGH補充療法ですが、この方法は日本では認められておらず、健康保険も適用されません。(子供の低身長症の治療を除く)すべて自費なので、費用は年間250~400万円もかかり、現実的ではありませんね。そこで、別の方法として書かれていたのが、HGHをレベルアップさせる生活習慣(食事、運動、睡眠)を実践することでした。

以下は、この本に書かれていた文章の一部です。

-------------------------------------

中高年層の人々の3分の2は、HGHホルモンの注射をする必要はありません。栄養補給剤、運動、食事療法の3つを組合せたプログラムによって、自分の体内ホルモンのレベルアップを図ることができます。これまでの調査で、一般に市販されている栄養補給剤はHGHの放出に役立つことが判明しました。

またエアロバイクやジョギングなどの中度ないし強度のエアロビック運動も、HGHレベルを通常の1.5倍から2.5倍上昇させます。集中的なウェートトーレーニングも、HGHレベルを3倍から5倍に高めます。もしあなたの体重が理想体重をオーバーしている場合は、まず減量し、脂肪分が少なくタンパク質の多い食事をとり、糖分やでんぷん質の食品(インシュリン分泌を刺激する食品)を避けるようにすれば、運動効果はいっそう高まり、HGH放出を促進することができます。

--------------------------------------

ここで言う栄養補給剤というのは、サプリメントのことです。例えば、【アミノ酸】はHGHの前駆栄養成分であり、しっかり摂ることでHGH生成能力が高まります。特にアルギニンというアミノ酸は、HGHレベルアップに有効です。

ヨーロッパの中高年層を対象にしたある調査では、アルギニン摂取グループの血中HGHレベルが、非摂取グループに比べて3倍高かったとのことです。

この本を読んで、私は決心しました!HGHをレベルアップさせるように生活習慣を改善しようと・・・

こうして、私のアンチエイジング&ED対策の挑戦が始まったのです。どのように生活習慣を変えていったのか、そしてその効果について、次回から順次書いていきたいと思います。

健康で安全なダイエット法で5kgの減量に成功した私の体験

以前の記事で、ジョギングダイエットで13kg減量したことをお伝えしました。
具体的には、75kg → 62kgにまで減量、ウエスト周りは85cm → 78cmになったのですが、現在はさらに減って、体重57kg、ウエスト周りは74cmになっています。

 

実はこの体重62kg → 57kg(▲5kg)、ウエスト周り78cm → 74cm(▲4cm)は、無理のない健康で安全なダイエット法で実現したものです。

その方法について書いてみたいと思います。


【ダイエットしていないのに、5kg痩せた!】

私の身長は170cmちょうどなので、体重62kgはちょうど理想体重(BMIで21.5)でした。
健康診断では、いつも保健師さんから「理想的な体重ですね!」と言われていましたから、ダイエットする気などさらさらありませんでした。

それなのに、少しずつ体重(体脂肪)が減っていき、57kgまでおちたのです。
特におなか周りの脂肪が減って、還暦も近いというのにウエストが引き締まり、二十歳の頃と同じ体型になりました。

本当に二十歳の頃と同じ体型?はい、間違いなくそうです。なぜならスーツのサイズが、二十歳の頃も今も「Y5型」でぴったりだからです。
この体型のおかげで、5年前よりもさらに若々しく見られるようになりました。

さらに肌ツヤもバツグンなので、初めてあった人はみんなびっくりして
「えっ!ホントにそんな年齢なのですか?ウソでしょう?」と言います。

同窓会や自分と同年代の人たちが集う場所に行くと、「ホント、俺って若いよなぁ!」と実感してしまいます(笑)
一時期は急激なダイエットの影響で、老化現象に見舞われていた私がです!!
実はこの5kgの減量には、約5年かかっています。つまり、1年にすると1kgずつですね。

痩せるつもりは全くなかったので、カロリーは気にせず、毎日3食しっかり食べて、お酒も休肝日なしで毎日飲んでいたので、減量ペースはゆっくりですが、
もう少し痩せることを意識した食生活をすれば、1~2年で5kgは無理なく減量できたとも思います。


【いったい何をやったのか!】

では、この5年間で何をやったのかというと・・・アンチエイジングに有効な生活習慣をただひたすらに実践しただけのことです。
そのおかげで
・新陳代謝が活性化
・若返りホルモンが増加
基礎代謝量がアップ
して、結果的に無理のない自然なダイエットになったのです。

このアンチエイジング&ダイエットは長期間続ければ続けるほど若々しく健康になれる、そして安全で無理のない
理想的なダイエット法なのです!!


その具体的な内容については、次回以降でお伝えします・・・